独学で臨む!大学受験の勉強法まとめ

東大A判の現役高校生が自分の勉強法と、使った参考書の感想を書いています。

[大学受験用]オススメ英単語帳

スポンサードリンク

英単語帳について

英単語帳の目的は単純で、英単語を覚えることに有ります。以前の記事でも書きましたが、英単語の暗記は最初の段階から。できれば高1の頃から積み重ねていきたいものです。というのも、基礎的な英単語が分からなければ、文法問題も読解もまるで身が入らないからですね。各単語の意味は掴めるようになってからが読解の本番です。

単語の学習は理想としては高1の冬くらいから、遅くとも高2のうちには着手するようにしましょう。

tsukukoma.hatenablog.com

必要な単語数は?

私がよく参考にさせてもらっている英語たんのツイートによれば、東大や京大ですら、高校レベル、すなわち最低限知っておきたい単語数は約1500~2000に収まるようです。それ以上知っておくことはもちろん他の受験生との差をつけるのには役立ちますが、費用対効果で言えば微妙なところでしょう。

 ですから、無理に難易度の高い単語集に挑むよりも基本の単語を固めていくのが、英単語力上昇の王道となると思います。また、英単語とは別に英熟語もしっかりと対策する必要がありますから、それも忘れずに

参考書比較

今回の記事の本題に入っていこうと思います。結論から言えば、私がお勧めする英単語集は「DUO3.0」そして「鉄壁」です。

システム英単語・ターゲット系列

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

  • 作者: 宮川幸久,ターゲット編集部
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログを見る
 

まさに"英単語集"というのがこの系列の単語集です。つまりは、意味と英単語・場合によってはその派生語を羅列し、それを覚えるタイプの単語集です。こういうタイプの記憶が得意な人であれば、これらの本を使えばよいでしょう。ただ、記憶というものは様々な他の情報と結びつけることによってより強固になるものです。その点から見ると、ただ英単語と意味を並べてあるだけの単語集というのは覚えるのに向かないのではないでしょうか。

このターゲットやシス単を塾の指定教材にしている塾もあるようですが、個人的には余りオススメできません。

◯DUO3.0・DUOセレクト

DUO 3.0

DUO 3.0

 
DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

 

 DUOは一風変わっていて、例文の中で英単語を覚えるというスタンスの英単語帳です。例を1つ挙げましょう。DUO3.0の1つ目の例文は’We must respect the will of the individual.’なのですが、この例文とその意味を覚えることで"respect"、"will”、"individual”の3つの単語を覚えることが出来るじゃないか、というのがDUOの基本的な考え方です。単純計算した記憶量は増えるのですが、文としての繋がりから記憶の難易度は格段に下がっているように思います。文もほとんど意味が綺麗に通っているのでオススメです。

また、DUO3.0の優れているところとしては、単語のみならず熟語も一緒に載せているところでしょうか。これ1つで1000近い熟語を掲載しているそうです。この数は派生語も含めたものであるため、例文だけで覚えられる数はもう少し少なめになりますが、羅列型の単語帳に比べて格段にとっつきやすいと思うので、ぜひお試しあれ。

DUO系列にはセレクトと3.0の2種類があり、セレクトの方は難易度が低めです。自分の英単語力に応じて適した方を使ってください。DUOの1つ悪いところとしては、CDなどの付属品がとても高いのです。ただ、単品でも発音記号をしっかり意識すれば、十分使える単語帳ではあるので無理してCDを買う必要はありません

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

 

 この単語帳は今まで述べた単語帳の中でも最高難度のものに当たりますというのも、Amazonのレビューにもある通り「普通は使わないような単語」まで沢山収録してあるからです。この単語帳では「語幹」をとても意識して学ぶことが出来ます。語幹というのは、たとえばtrans-やinter-などの英単語の語源と密接に関係している部分です。覚えやすさとしては、ただの羅列型の単語帳よりも優れているでしょう。ただ、本書の1番の魅力はその網羅性です。これを仮に完璧にすることができたら、受験英単語に関してはほぼ不安視する必要はなくなるでしょう。

裏を返せば、収容単語数が多すぎるがゆえに、重要度が低い単語も多く覚える羽目にもなりかねませんただ、英語が得意な受験生(駿台などの模試で偏差値65~70以上程度)には周りとの差を一層確実にすることが出来るためお勧めです。しかし、そうでない人は単語はDUO3.0などの他の単語集で終わりにして、長文速読や英熟語集・英作文などの他の分野の対策をするようにしましょう。

◯速読英単語

速読英単語1必修編[改訂第6版]

速読英単語1必修編[改訂第6版]

 
速読英単語1必修編CD[改訂第6版]対応 (<CD>)

速読英単語1必修編CD[改訂第6版]対応 ()

 

これまでは比較的レベルが高めの英単語集を扱ってきたのですが、速読英単語は初心者の導入にもおすすめです。この単語帳は長文の中で英単語を覚える、というスタンスで書かれています。ざっくばらんに言えば、DUOが長文バージョンになったという感じですが、必修編というだけあって基本の単語から抑えられています。

加えて、全ての長文に全訳が付いているため、長文速読の練習になるのが大きなメリットですZkaiのサイトには追加教材が公開されているようです。無料なので、購入を迷っている人は見てみると良いかもしれません。また、生きた英語、つまり実際に文章の中で使われている状態で単語を理解する事が出来るため、単に意味と英単語を繋ぎ合わせるよりも覚えやすくなるように思います。初心者にお勧めの英単語帳です。

まとめ

英単語帳というのは、出来るだけ早い段階から覚え始めるのに越したことはありません。記憶というのは反復によって定着していきますからね。出来れば高1の夏~くらいから覚え始めるのが理想です。

お勧めの英単語帳ルートは「速読英単語(必修/上級編)」→「DUO3.0」です。必要に応じて「鉄壁」を追加でやっても構いません。もちろんこれは管理人の好みなので、辞書タイプのシス単などが覚えやすいのであれば、それを使うのが1番でしょう。