読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独学で臨む!大学受験の勉強法まとめ

東大A判の現役高校生が自分の勉強法と、使った参考書の感想を書いています。

「1対1対応の演習」の使い方とレベルは?

数学

スポンサードリンク

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

こんにちは、みにまむです。

今回は、東京出版の1対1対応の演習の難易度はどれくらいなのか、そして効率の良い使い方とはどのようなものか、について解説していこうと思います。

「1対1対応の演習」シリーズの特徴は?

難易度が高いことで有名な大学への数学シリーズの中では簡単な部類に入る本書は、数学の基礎固めとして薦められることも多い本だとおもいます。

本書の最大の特徴は1対1対応の演習の名の通り、「1つの例題に1つの演習問題が付いている」ことです。しかしこれに関しては青チャートも同じですから、特段取り上げる必要は無いでしょう。本書を進める上では、例題の解法を読んで効率の良い解き方を学び、それを演習問題で実際に使ってみるというスタイルが良いでしょう。スマートな解法を知るのが本書の目的ですから、例題をゴリ押しで解く必要はありません。

そんな本書の特徴は

比較的難易度が高めなので、初学者には難しい

解説や別解が充実している上に、とても薄い!

ということです。それぞれについて詳しく書いていこうと思います。

 

比較的難易度は高めでハードルは高い

1対1対応の演習は「入試の標準的問題」までの実力養成に最適と書かれているように、決して網羅的であったり、基礎からやる問題集ではありません。既にチャート式の数学やチェック&リピートなどの簡単な問題集は完璧にした人が使うのが理想的です。例えば、数Ⅰ・数Aの1対1対応の演習でも数Ⅱ範囲を使った解法を紹介していたりしています。

 

解説や別解が充実しているので、難関問題集への橋渡しに良い!

1対1対応の演習は一般の参考書よりも1周り大きいサイズで(雑誌と同じ大きさ)ありながら、例題1問の解説に1ページを割いていて場合によっては別解まで書いてあるなど、とても説明が充実しています。

その一方で、各単元の要点の整理はとても解りづらく、初めてその単元に取り組むような人には不向きです。

 

まとめると....

未修分野がある場合は、まず青チャートやチェック&リピートで基礎を固めるようにしましょう。数学の勉強法の全体像を掴むには以前の記事がオススメです。

tsukukoma.hatenablog.com

 

その上で、基礎から入試レベルへの問題の橋渡し役となるのが1対1対応の役割です。

・ある程度数学の学力を持った人が、より実践的な問題の練習をする

のが最適な1対1の使い方だと言えます。では今回はこのへんで。

 

今回紹介した問題集はこちら

1対1対応の演習シリーズは数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ(微積)・Ⅲ(曲線・複素数)の6冊に分かれています。文系なら数Ⅲは不要です。

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

 
1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)