読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独学で臨む!大学受験の勉強法まとめ

東大A判の現役高校生が自分の勉強法と、使った参考書の感想を書いています。

ステップアップノート30―古典文法基礎ドリル―の正しい使い方

古文

スポンサードリンク

 ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

今回の記事では、河合塾が出版しているステップアップノート30―古典文法基礎ドリル―について書いていこうと思います。全ての教科に通じますが参考書の「正しい使い方」を理解することで、最高の効率で勉強することが出来ます。学習の前にきちんと概観を掴んでおきましょう。

 

ステップアップノートの特徴2つ

本書の大きな特徴は

・基礎の基礎から文法を学べること

・書き込み式のノートになっていること

です。それぞれ詳しい特徴を書いていきます。

 

基礎の基礎から文法を学ぶのに最適

本書が目指しているのは「手っ取り早く文法力を身につける」ことです。

どういうことか説明しましょう。英語や古文などの文法事項の理解には大きく分けて2つの段階があります。それは「長文が読めるレベル」と「完璧に文の構造が取れるレベル」の2つです

本書の目的はその「長文が読めるレベル」の文法力を短時間で身に付けることにあります。内容はとても簡潔にまとめられているので、だいたい3日ほどあれば終わらせることが出来るでしょう。

そして、長文が読めるようになったら他の参考書で対策をして(解説の丁寧なZ会古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用までなどの参考書がオススメです)、完璧に文構造が取れるレベルに持っていくという方針なのです。

 

 

大きめのサイズで書き込み式

本書を本屋で見かけると、その大きさが他の参考書より1回り大きいのに気づくと思います。世界史などの資料集くらいの大きさで、書き込むことを前提に作られているのでスラスラ問題を解き進めることが出来ます。解き直しなどは前提にしていません(裏を返せば、ほぼ暗記事項とも言えます)

 

ステップアップノートの基本的な構成

本書は30章の小単元に分かれていて、各講座に「文法事項の解説→基本問題→応用問題」が用意されているので、古文初心者でも簡単に理解することが出来るでしょう。

1章10~20分程度で終わるので、本格的な参考書に入る前のおさらいとして使うのもアリです。

注意点を挙げるとすれば、ステップアップノートは解説が省略されていたり、まだこの段階では意味を覚えていないであろう単語の現代語訳問題がところどころ出てくるので、そこだけは気を付けるべきでしょう。

 

まとめ。この参考書の対象者は?

ステップアップノートを使うべき人は

・古文の文法がさっぱりで1から学びたい人

・短期間で古文文法をおさらいしたい人

になります。特に初心者はこの1冊をやるだけで、古典文法に自信を持てるので本当にお勧めです。

この問題集が終わり、同じような教材で1ランク上の演習がしたいなぁ と思ったのであれば、少し難易度が上のシリーズが同じ問題集も有ります。

ステップアップノート30古典文法トレーニング (河合塾シリーズ)

ステップアップノート30古典文法トレーニング (河合塾シリーズ)

 

 

今回紹介した問題集はこちら

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)