独学で臨む!大学受験の勉強法まとめ

東大A判の現役高校生が自分の勉強法と、使った参考書の感想を書いています。

「マドンナ古文」の特徴と使い方

スポンサードリンク

 大学受験超基礎シリーズ マドンナ古文 パワーアップ版

マドンナ古文は数ある古文の文法参考書の中でもかなり有名な書籍だと思います。しかし、普通の文法書だと思って使っていると思わぬ落とし穴にハマるのです...端的に言えば、マドンナ古文は「長文を読むための文法書」であって、文法問題を演習したりするために出来ているわけではないからです。使い道を間違えずに、筆者の狙い通りにその参考書を活用することが、学力向上の第一歩です。

 

マドンナ古文の特徴は2つ

マドンナ古文の大きな特徴は2つあります。

1つ目は初心者でも読みやすいこと。

2つ目はとにかく「長文を読むための文法」を重視していることです。

それぞれについて以下詳しく説明していこうと思います。

 

マドンナ古文は初心者でも読みやすい!

まずマドンナを読んで驚くのは、とてもくだけた文章で書かれていることです。古文の参考書なのに横書きで、全く古文が読めない人に語りかけるような文体で書かれています

そしてふんだんにイラストを使ったり、現代語に例えたりしてとても理解しやすいのも本書の優れた点です。ですから、古文に苦手意識を持っている人でも楽に読み進めることが出来るでしょう。

 

マドンナは「長文を読むための文法」を学ぶ本

「古文は現代では使われていないから、言わば英語のような外国語を学んでいるようなものだ」という喩えをする人がよくいます。確かに古文は、現代語と様々な文法での違いや意味の違いがあり難しい印象を持ちがちですが、英語とは決定的に違う部分がいくつかあります

古文は「古代人が書いた文章を現代人が読み解く教科」です。ですから、現代人が新しく文章を作ることは出来ません。つまり、文法問題として出題される文章も全て過去の作品から引用してきたもので、それゆえに古文の文法問題と長文読解はとても似たものになるのです

ですから、本書で筆者が書いている通り「読むために必要な文法事項」というのは、「文法問題を解くのに必要」なことが多いのです。そのため、マドンナ古文はまず「読むための文法」から入っていく文法書になっています。

本書から引用すれば、

「読める⇒文法が分かる⇒文法を覚える」という<楽勝トライアングル>を作りましょう。

「マドンナ古文 - 荻野文子著」より

ということです。ですから、これが自分の身に合っているかというのが大切になってきます。

 

文法問題だけをやりたい..という人には不向き

逆に言えば、「とりあえず文法が分かるようになってから長文は読みたい!」という人にはこの本は不向きなのです。もし、文法事項だけをおさらいor学びたいのであれば河合塾の「古典文法基礎ドリル」がおすすめです。この本は「文法事項を学ぶ→すぐにそれを利用した問題を解く」というサイクルを繰り返すことによって、文法事項を簡単に身につけることが出来る本です。問題の難易度は低いので初心者向きです。 

tsukukoma.hatenablog.com

 

まとめ

マドンナ古文がオススメなのは

文法だけを単調に学ぶのは嫌」だったり、

古文への苦手意識がものすごいあり、文法書から入るのは無理

という学生さんです。

文法事項だけを学びたいのであれば、河合塾のステップアップノートを使いましょう。

 

今回紹介した参考書はこちら