読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独学で臨む!大学受験の勉強法まとめ

東大A判の現役高校生が自分の勉強法と、使った参考書の感想を書いています。

「物理のエッセンス」の使い方を解説!

スポンサードリンク

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンスとは?

物理のエッセンスとは河合塾から出版されている物理・物理基礎混合の参考書です。

本書の説明部分によれば、教科書に書かれていない「最も基本的な感覚的な理解+試験問題を解くのに必要な知識」を中心に書かれており、物理の本質に重点を置いた構成になっているそうです。

多くのサイトや個人にお勧めされていて、言わば「エッセンス信仰」のような状態になっている本書ですが、実際に使ってみた感想とその活用法を書いていきます。

物理の勉強法の概観については、以前の記事を参考にしてください。

tsukukoma.hatenablog.com

本書の特徴3つ

1.物理基礎の範囲と物理の範囲は明確に分けられている

物理基礎だけを勉強すれば良い文系の学生や、まだ物理基礎の授業のみを受けている学生でも使いやすいよう、本書は物理基礎の範囲と物理の範囲が明確に分けられています。ですから、物理基礎だけを勉強したい場合でも本書のみで大丈夫です。

2.解説部分/説明部分はかなり省略されている

初めて物理の参考書を買う人に注意して欲しいのはこの点です!!

まず、エッセンスの解説には式変形の過程がほとんど書かれていないですから数学が苦手な方はなかなか苦労します。だいたい全ての問題の解説は5cm×5cmに収まるほどしか書かれておらず、本当に初心者泣かせな参考書になっています。

加えて、教科書である程度理解している事が前提なので、例題の数や公式の使い方の説明などはとても少ないです。ですから、物理に苦手意識がある人はまずチャート式の物理などで理解を深めてから取り組みましょう。 

3.裏を返せば、とても凝縮されている!

2冊組の物理のエッセンスシリーズですが、なんと1冊あたりの薄さは1cm以下!

エッセンスの名の通り本当に重要な部分だけを切り取って掲載してあることが分かると思います。解説部分がかなり省略されていると書きましたが、裏を返せば数学・物理がもともと得意な人にとってはぐんぐん実力を伸ばせる本なんですね。

使ってみた感想

しばらく使ってみて思ったのは、「これは授業や塾などである程度理解した人が、その実力を伸ばすための本だな」ということです。解説はかなり省略されているので、初めての範囲を理解して出来るようにするという使い方はあまり向いていないです。

しかしながら、教科書などで「暗記」しているだけだった公式を感覚的な理解に持っていけるのは本書のとても優れた点です。要所要所に配置されている「Q&A」コーナーも理解を深めるのに役立ってくれます。なので、物理がある程度出来るひとにはとても良い参考書だといえると思います。

まとめ

「物理のエッセンス」は

既に参考書や授業で公式の使い方/問題の解き方をある程度知っている人

物理/数学が得意で、省略された説明でも理解できる人

自分の実力を高めるために使う本です。

全くの素人が買うと物理への苦手意識を持ちかねない本だと思うので、そういう人はとりあえずは説明部分がしっかりしている参考書を1冊やった後にこの本に取り組んでください。理解がどんどん進むと思います。

今回紹介した参考書

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

 
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)